パティシエ
甘い香りと卵の美味しさ
ほかでは味わえない
絶品パンケーキ

Raiki Omi 大見 頼生

(株)伊豆・村の駅 TAMAGOYAパティシエ
2018年入社
プロフィール

2018年入社。パティシエとして採用された社員のうちの一人。入社後、TTC GROUPでも上位に入る人気商品「TAMAGOYAのパンケーキ」の焼き手を担っている。同期の中でも先陣をきって周りを引っ張るタイプで、その姿に多くの人からの期待も大きい。また、仕事を楽しむ力や新しいものをつくり出す創作意欲も高く、明るい人柄でムードメーカーとして現場を盛り上げている。

現在の仕事内容を教えてください。

(株)村の駅が運営する伊豆・村の駅の卵専門店「TAMAGOYA」では、三島ブランドの特別な卵「日の出たまご」を使った料理やスイーツを提供しています。私の担当はパンケーキなどのスイーツをつくること。パンケーキを1日200食~300食焼き上げます。ふわふわの食感で卵の風味をしっかりと味わえるこだわりのパンケーキを、一つひとつ心を込めてつくっています。パンケーキを焼く合間に、発注やパートナーさんへの教育も行い、店舗運営について仕事をしながら学んでいます。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

厨房がガラス張りになっていて、つくっている様子をお客様が見ることができ、パンケーキを焼く時の甘い香りをそのままお届けできます。パンケーキをテーブルまで運んだ瞬間、「すごい、美味しそう!」という歓声が上がったり、食後に笑顔で「すごく美味しかった」というお声を聞けるのが何より嬉しいです。TAMAGOYAのファンになっていただけたり、SNSで書き込みを見たりするのもやりがいにつながりますね。他の卵とは違う「日の出たまご」の美味しさを楽しんでもらうこと、「TAMAGOYA」の名に恥じない、お客様に喜んでいただけるパンケーキをつくるのが使命だと思っています。

これからの課題は何ですか?

スイーツのレシピや工程を誰でも分かるように、誰もが同じクオリティでつくれるようにして他のスタッフに引き継いでいくことです。パンケーキは焼き上げるまでに30分ほどかかります。お待ちいただくお客様にそれに見合った新しい美味しさと感動を提供できるようにしたいですね。また、数値管理や新商品の開発にも取り組みたいです。数字への苦手意識があるので、勉強して店舗運営にも強くなりたいと思っています。

※「パートナー」はパート、契約社員、アルバイトをまとめた呼称。